エンジンがかからないと落ち込む知人

職場の先輩がまたバイクに乗りたくなったようで、実家から長らく放置していたバイクを軽トラで引き取ってきたそうな。ヤマハのSRV250。俺も昔少しだけ乗っていたことのあるバイクだ。見かけは不人気なのだが、V型ならではのフィーリングが心地よく、また中々パワーとトルクも溢れる面白いバイクだった。最も、先輩はただ安いから買ったって言ってたけどな。

引き取ってきたは良いものの、エンジンがかからずに落ち込んでしまったようだった。話を聞いたら、セルが回らないからバッテリーを乗せ変えたのだが、セルは回るようになってもエンジンに日がともらないそうな。メカに詳しい先輩じゃないから、もうお手上げ状態。諦めて新しいバイクを買おうかと言っていた。

でも、マイナートラブルというだけな気がする。なので先日先輩の家までバイクをちょっくら見にいってきた。今の職場に転職する前はメカ整備の仕事してたし、自分のバイクも整備してるくらいだから、多分直せるんじゃないかと思ってさ。

先輩のバイクを見てみると、ガレージ保管だったようで凄い綺麗な外装だ。ただ、タイヤは劣化が酷いので交換が必要だろう。ブレーキフルードやワイヤー類も交換したほうが良さそうだ。それ以外は特別問題なさそう。そしてエンジン。確かにセルは回るどもエンジンがかからなかった…… が、まあ原因はエアクリーナーのつまりかキャブだろうと思った。

先にプラグに日が飛んでいるかチェック。OKだ。前後とも飛んでいる。それからオイルもしっかり入ってる。まぁ長らく放置していたので早々に交換はしたほうが良いが、とりあえずは問題ない。

先輩の了承を得て、キャブを外してチェック。するとガソリンが固体化して詰まりを生じさせていた。こりゃエンジンがかからないわけだ。ガソリンが供給されてないのだから。エアクリーナーの方は埃が詰まっていたくらいで、大きなトラブルは無さそうだった、が、つなぎ目が緩んで2時エアを吸ってるかもしれない。

とりあえず灯油でキャブを綺麗にしてやり、ガソリンはタンクから全部抜いて新しいのをいれてやった。そして再びセルを回す。エンジンがかかった。先輩は大喜びだ。うん、思ったとおりマイナートラブルだった。人声かけてよかったな。じゃないとこいつは手放されてたろうから。