ヒートショック現象

本当に一人の時には何もかも全く気にしなくて、旦那さんにもがさつ、と言われる位だったのに・・(今でも言われますが・・・(笑))でも、子供が生まれたらやっぱりそれなりに色々考えるようになって・・・私の28年間で変えられなかったものを娘がいとも簡単に変えていくものだから、自分でもすごいなー、なんて思ったりします(笑)でも、最近は逆に色んなことを気にしすぎて、身動きが取れなくなることも多々あり・・・何事もほどほどが一番だな・・・と感じている今日この頃・・・。

特に最近気になっているのは、娘との入浴で・・・夏場は、娘もまだ小さかったので、落とさないようにしなきゃ、とか、洗い残しがないように・・・程度だったのですが、今はもう一人で座れるようにもなったし・・・。でも、この季節に気になるのは、いきなり湯船に入ったりすると体が冷え切っているので、ピリピリした刺激とが、足がジンジンして気持ち悪いんじゃないかな、とか考えてしまいます。

でも、その程度ならまだよくて、怖いのがヒートショックと呼ばれる現象。赤ちゃんに起きた、と言うのは聞いたことはありませんが、冬になるとかなり数値的には増えますよね。・・・一応、ヒートショック現象と言うのは、急激な温度変化が体に及ぼす衝撃のことで、冷たい体で、熱いお風呂に入ったりすると、血圧の急上昇や、急降下、脈拍数の急増などの症状を引き起こし、心筋梗塞や、脳血管障害につながる恐れのある怖いもの・・・。一応、なる確率が高いとされているのは高齢者だったり、高血圧の人なのですが、赤ちゃんだって0%じゃない、と考えると怖くて考えてしまいます・・・。

その対策としては、お風呂の温度と、浴室の温度差をなくすことが重要なので、お風呂のふたは最近は開けっ放しにしているのですが・・・このまま無事にこの冬を越せるといいな・・・あとは、娘がならなくても、私がなってお風呂に落っことしても大変だし・・・気を付けよう・・・。