新人が入ったのは良いが…

やっとこ先週、職場に新人が入った。わずか2ヶ月の短期契約パートだが、とりあえずは人が増えてホッとひと安心だ。入ってくれたのは社員の知り合いたち。広告費削りたいからだろうね、大分前から「誰か働いてくれそうな人いない?」って上の人がみんなに聞きまくってたもんなぁ(笑)。確かに広告費は高いし、それで来るとは限らないからね。賢いって言うか、ずる賢いね。

そんなわけで3人の新人が加わってくれたのだが、正直3人入った意味がないような気がすでにしているんだよなぁ。だってたった1日2時間の契約なんだもん。残業しても30分くらい。正直そんなんじゃ大した戦力にならないのだ。だって本当の忙しい時間帯に人手がいなくなってしまうのだから。新人さんたちがいる時間帯は、確かにこれまでより遙かに楽だ。新人さんたちは「意外と楽ですね~」といった感じでおしゃべりまでする始末だ。こっちは新人たちが帰った後の忙しさに備えてできることをしておこうとせかせかしてるのに。あんまいい気持ちはせんよね、おしゃべりされてるとさ。

なんかむしろいなくてもいいんじゃないかと思うことすらある。でもだからって僕が「2時間くらいしか出れないようなら必要ないです」なんて新人にも上にも言えっこないしなぁ。まぁとりあえず2ヶ月間はがんばってもらうしかないか。一応いる時間帯だけは戦力になってることに違いは無いんだから。

でも、新人たちは短期って割り切ってる感じが凄く伝わって来るんだよな。もう仕事をどんどん覚えようという気持ちが感じられないのだ。手が空いたらおしゃべり。「何かやることはありませんか?」と聞きに来てくれってもんだ。だいたい、ベテランのパートさんが率先しておしゃべりをはじめるからいけないんだろうけどな。「あ、こんなもんで大丈夫なんだ」って新人は勘違いしてしまうだろう、あれじゃ。

だからってこっちから教える気持ちもしないんだけどね。だってあれこれ覚えさせようとしても頭パンクしちゃうだろうし、どっちみち2ヶ月でやめてしまうのだから余計なことを教えてもこっちの苦労損って気もするしさ。長期で働いてくれるって人だったら、どんどん教えてあげたいもんだけど、短期じゃ気が進まないよ。

やっぱり繁忙期にとりあえず頭数をそろえただけってのがいけない判断だったと思うよ。でも仕方ないよな、こっちが長期の頼れる新人を求めたところで、意中の人材があらわれるわけでもないんだから。