最近ドゥカティが気になる…

今物凄く気になっているバイクがあるんだよなぁ。それはドゥカティ。イタリアの超大手モーターサイクルブランド。スポーツバイクやL型ツインエンジンなんかのイメージが強いとこだよね。スピードにはサーキットでカリカリに走るってほどの興味は無いが、純粋に美しく格好良いバイクとして興味惹かれてる。

ドゥカっていっても色々モデルがあるわけで、その中でも僕が一番興味を持っているのは、ディアベルってモデルだ。ディアベルってのはイタリア語で“悪魔”を表す言葉のボローニャ地方訛りだそうな。ま、名前の通り過激なパフォーマンスとルックスを持つロードスポーツモデルさ。ちなみに本国仕様では最高出力161HPだったと思う。そしてドゥカとしては非常に珍しい、クルーザータイプなんだよね。

クルーザーというとハーレーみたいなロー&ロングを持つバイクのこと。確かに他のドゥカティモデルと比べるとホイールベースが長くシート高も低く、確かにロー&ロング。ハーレーのそれとは全然違うが、ヤマハのVMAXなんかに近い雰囲気はある。メリットとしては、足付き性が良いところだね。ディアベルもシート高は750mm位と結構低め。多分僕の体格なら量の足がピッタリ地面に付くこと間違いなし。基本的にクルーザーが好きな人間だからさ、僕は、ドゥカのラインナップの中を見てみても、結局はクルーザー系が興味出ちゃったんだよね(笑)

ディアベルモデルの中では、ディアベルダークが一番かな? シックなマットブラックモデル。最も悪魔っぽい雰囲気があるし、価格もスタンダートモデルと比べて安い(笑)。といっても、定価187万とか国産大型が下手すりゃ2台位新車で買える額だけどさ(苦笑)。

できることなら一度試乗とかしてみたいんだけど、思いつく限りじゃドゥカティディーラーって近くに無い気がするんだよなぁ。ハーレーディーラーは結構あって気軽に試乗できるのに、これは日本での展開幅の違いだからしょうがないか。かといって、誰か乗ってる人なんて近くにいないし。うーん、試乗無しで購入はさすがにできないよな、怖くて。買って後悔したら最悪だもん。

まぁ、結局は気になってるってだけで購入までは行かないと思うけどね。僕がお金持ちでバイクが数十台も保管できるスペースがあったら、買っても良いかなってレベル。つまり買わないってことだな(笑)。

話は変わりますが最近嫁が脱毛サロンに通いたいと言い出してきました。「脱毛って結構お金かかるんじゃないの?」と聞くと「あんたのバイクよりは安いわよ!」と一蹴されました(笑)。
そんなこんなでサロンへ通う事となった嫁は嬉しそうに脱毛ラボというものについてネットで調べていました。